ウェルスチールは春日部市を中心に瓦・屋根修理に関するご相談を承っております

Works
施工事例

吉川市にて漆喰割れ補修工事

2021年10月29日

Bofore

After

先日、吉川市にて行った漆喰割れ補修工事の様子をお届けいたします。

 

こちらが施工前の屋根の様子です。

ご覧の通り、平瓦とのし瓦の間にある漆喰がほとんど剥がれている状態です。

この漆喰が経年劣化によって剥がれたり崩れたりすると、瓦と瓦の隙間から雨水が屋根内部に浸水し、雨漏りが起こるリスクが高まります。
厳密に言うと、漆喰の劣化=雨漏りに直結する訳ではありません。
しかし、漆喰が埋めていた隙間から必要以上の雨水が屋根内部に浸水することになるため、その水が建物内部を腐食させ結果的に雨漏りを引き起こす可能性があるのです。

また、漆喰の崩れや剥がれは雨漏り以外に瓦の崩落という別の被害をもたらす可能性があります。
漆喰には隙間を埋める役割以外にも、瓦を支える役割も持っています。
その漆喰が崩れや剥がれで無くなってしまえば、瓦を支える強度が弱くなるため、地震や強風の際に瓦が地面に落ちてくるといった事態を招くのです。

瓦自体が非常に耐久年数の長い屋根材のため、つい漆喰のメンテナンスは見落とされがちです。
基本的には10年に1回くらいで我々屋根職人の診断を仰ぐことをおすすめします。
ただし、お住まいの地域ごとに気候条件が異なるため、10年というのはあくまでも目安です。
一年に一度、ご自身の目で屋根の漆喰に剥がれや崩れが起こっていないかチェックしてもらうことをおすすめします。

まず、既存の漆喰を全て綺麗に除去していきます。残念ながら中にはこの漆喰を除去せず、表面にだけ新しい漆喰を施工し、全く漆喰補修がされていない施工をする悪徳業者もいます。そのような施工は何の意味も持たず、結局内部の劣化した漆喰が雨漏りを誘発してしまうためすぐにまた補修をしなければならなくなり、費用がかさみ、二度手間になります。

既存の漆喰をしっかり除去した後は、新しい漆喰を隙間なく均等に詰めていきます。

屋根修理業者の中には、安価だからという理由で本来三日月漆喰に使うべきではない南蛮漆喰を使う業者もいます。南蛮漆喰は既成のものが多く、不純物が入っており本来はつなぎ剤として使用するもの。

ウェルスチールでは、このようにその場でしっかり手作りした漆喰のみを使い、棟の積み直しや三日月漆喰の補修を行っております。

 

この度は、ウェルスチールを御用命いただき誠にありがとうございました。

吉川市をはじめ、埼玉県の瓦・屋根修理はウェルスチールにお任せください!

 

現場住所
施工内容
施工箇所詳細
施工期間
使用屋根材
使用屋根材
工事金額

現地調査・お見積もりは無料!!

『ウェルスチール』は春日部市を中心に1都5県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県)に出張いたします!
お問い合わせやご相談、現地調査やお見積もりは無料!
瓦・屋根修理・外壁塗装以外にもお手伝いできる工事もあるかと思います! お気軽にご相談ください!

ウェルスチールの工事対応可能エリア

Area
対応可能エリア

春日部市を中心に1都5県(東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城)に出張可能!

LINEでかんたん問い合わせ
&見積依頼